頻尿・尿漏れ・排尿困難などの尿トラブル お助けFile

頻尿や尿漏れ排尿困難など尿トラブルに関する悩みをサプリやお薬や運動などでサポート。

自分で出来る尿漏れ・頻尿改善法

膀胱訓練

投稿日:

★膀胱訓練

腎臓と膀胱

こんなタイプに有効です。

・過活動膀胱、切迫性尿失禁のある人
・心因性頻尿のある人
・間質性膀胱炎のある人

膀胱炎のある人は行ってはいけません。

膀胱は筋肉で出来た伸び縮みする臓器です。
でもいつも少量の尿で排尿をしていて膀胱を伸ばすことがないと、
伸びが悪くなってしまいます。

尿を我慢するのは悪い事だと思ってる人がいますが、それは膀胱炎になってからのことです。
そうでなければ膀胱に尿をためて伸ばすことも大切なのです。

膀胱訓練で尿をためる機能の回復を図ります。

この訓練で「尿を我慢できた」と言う自信を得ると、尿意を感じた時の緊張や
不安から解放され、それが又頻尿の改善につながります。

スポンサードリンク



①尿意を感じてもトイレに行くのを我慢します。

最初は、自宅で時間のある時に、トイレに行きたくなっても、
出来るだけ我慢してみましょう。

尿意を感じてもまずは5分我慢することから始めてください。

トイレに行きたくなったら、骨盤底筋を締めると我慢しやすくなります。
又トイレ以外のことに頭を切り替えて、尿意を紛らわせましょう。

②我慢する時間を少しずつ伸ばします。

5分から10分、20分と伸ばしましょう。

③自信が着いたら、外出先でも我慢してみましょう。

④外出先で気にならなくなったら訓練終了です。

目標は排尿間隔2~3時間、1回の排尿量200~300ml程度です。

-自分で出来る尿漏れ・頻尿改善法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

頻尿・尿漏れの診断チャート

        頻尿・尿漏れのタイプが分かる診断チャート  

②骨盤底筋体操

★骨盤底筋体操 こんな人に有効です ・腹圧性尿失禁のある人 ・切迫性尿失禁のある人 ・骨盤臓器脱のある人 ・尿失禁や骨盤臓器脱の手術後 ・尿漏れを予防したい人 排便機能・性機能の改善にも役だちます。 …

日常生活の工夫

★日常生活の工夫 ①骨盤底の負担を減らす体操 骨盤底筋をを直接鍛えるのは★骨盤底筋体操 が基本になりますが、腹部の臓器をを支える筋肉を鍛えることも骨盤底にかかる負担を軽減できます。 背筋や腹筋の中でも …

咲_プロフィール

こんにちは。当サイト管理人の咲と申します。
よろしくお願いします。
頻尿でお悩みの方はとっても多いように感じます。
この頻尿さえ治れば気兼ねなく外出できるのに・・・
いつもスッキリしない・・・とか
折角治った頻尿がすぐぶり返してしまう・・・など
頻尿の悩みを持つ方の体験談や
そこからどうやって治したか、
治ったかを自分の体験をも交えて
お伝えしていきたいと思っています。

少しでも参考になれば嬉しいです。